MBAの課題、試験に日本帰国後もバタバタしていたら更新が滞り気づけば臨月…‼

出産まで残り時間はあまりないですが、マタニティライフ、駐妻ライフの記事、できる限り更新していこうと思います。

ついに36週なので田町の愛育病院で妊婦健診を受診してきました

メニュー
・NST(ノンストレステスト)
・採血
・診察
・バースプラン面談
上記に加えて、NST中にアレルギーの確認票記入等もあり。

NSTは、胎児の心拍とお腹の張りを確認するモニターを付けてゆったり座っているだけなので楽ちん。

診察は、広尾と違って超音波も内診も同じ診察室で実施でした。
赤ちゃんは下りてきていて、子宮口も1cm開いていて順調とのことでよかったー

マタニティビクスも継続して問題ないか聞いてみたところ、
「もういつ産まれても大丈夫だし、どんどんやっちゃって!運動してたから赤ちゃんも下りてきてるんじゃない?」とのこと!
明日もがんがんやるぞ

バースプラン面談では、産後のワンオペリスクを心配されました。
(実家に滞在するけど、母は不在がちだし何より家事が苦手だから、色々頼んでも逆にストレスになりそう…
産後ドゥーラやケアサービスをどんどん使った方がいいよというアドバイスもいただいたので、色々試したいと思います。

愛育病院で出産する場合、臨月(36週)以降は田町の愛育病院と説明を受けていたけれど、最近は問題なければ37週と39週は広尾の愛育クリニックでの受診も選べるようになったようです
田町の混雑緩和と広尾の受診者増が課題なんでしょうね…

広尾の方が再診料も安い(田町:3,000円/広尾:1,000円)し、37週は広尾に行く予定。

それにしても、下りてきているとかいつ産まれてももう大丈夫と言われた直後から、お腹の張る頻度が劇的に増えたのですが…

キミは先生の話が聞こえていたのかい?