プレネイタルビジット(Prenatal Visit - 出生前小児保健指導)で、アレルギーや予防接種の事を相談してきました。

愛育クリニックのプレネイタルビジットについてはこちら

私が出産前に知りたかった2点について、小児科の先生にアドバイスをいただいてきました。
30分で5,000円なのですが、行ってよかったです。

アレルギーへの対応・アトピー予防について
私の一番の心配は、自分の子どもがアレルギー体質の可能性が高く、親としてどのようなことに気を付けたらいいかということ。
そして、アトピーはスキンケア等で発症リスクを抑えられると聞いていたので、夏生まれでの具体的なケアについても聞いてきました。

私自身が幼少期の食物アレルギーがひどく、小麦・卵・乳製品・大豆全部だめでした。
(米もあまりよくないということでヒエとアワを食べて過ごしていた時期もありました…。)
今は食物ではほぼ出ないですが、花粉症(スギ少々、ヒノキ、ブタクサ、オオアワガエリ)にダニ・ハウスダストもNGと完全にアレルギー体質で、喘息以外ほぼフルコース。

そしてアトピー性皮膚炎、鼻炎ももれなく発症、大人になり改善しましたが、季節の変わり目は今でも悩まされます。

30年前と今ではアレルギーに対する治療法も変わっているので、最新の情報を聞けて良かったです。
母乳への影響も、特定のものを食べすぎず、とりあえずバランスよくを心がけておけばOKのようなので、少し安心しました。
スキンケアについても、
・基本的にはアトピーや敏感肌向けの石けんやスキンケア商品を使うこと
・ガーゼではなく手でやさしく洗うこと
・新生児期から必ずローションで保湿すること(必要ならワセリンでフタ)
とのアドバイス。

もちろん、特定の市販製品のこれがいい、ダメと言及されることはなかったですが、スキンケアのアトピー予防効果に関する研究で使用された商品は資生堂の2e Baby Plus(ドゥーエベビープラス)だったと仰っていました。
ネットや対面店舗でもあまり見たことがないラインで初めて知ったのですが、試してみようと思います。

予防接種について
産後1-2か月でソウルに戻る予定なので、予防接種のスケジュールは工夫が必要。
1か月検診で相談でもよいかと思っていましたが、韓国はB型肝炎やBCG等新生児期から接種開始するものがあり、その他は生後2か月からスタートという感じでした。
(先生の手元資料で数年前のものだったので、最新は確認が必要です。)
B型肝炎は日本でも早めに接種開始することができるようなので、生後なる早で予診票を自治体に申請するとよさそうです。
その他はソウルに行ってから向こうのスケジュールにのせつつ、BCGも入れていくイメージかなと思っています。

今判明している深刻な悩み(赤ちゃんやママの健康に不安がある等)があるわけではないけれど、先生は産後に向けた準備ができるように丁寧にアドバイスをしてくださったので、行ってよかったです!