私の妊娠生活のハイライトと言っても過言ではないマタニティビクス

マタニティビクスは、妊婦向けに考えられたエアロビ系のプログラム。
主治医から運動の許可が出た妊婦さん、超超超おすすめです

その効果は出産~産後の体調まで期待できそうですが、今日はまず産前編を。
*あくまで個人の感想です。

マタニティビクスのメリット

体力、筋力の維持・向上
私の場合、妊娠前と比較しても体力・筋力がアップした
結果、足のむくみや便秘、腰痛等の妊婦によくあるトラブルもむしろ改善
臨月でお腹重そうとか言われますが、重さに合わせて筋肉をつけてきているので、歩くのも全然苦ではありません。

妊娠前はフルタイムでデスクワークの仕事をしていて、週に1回ジムで筋トレやランニングをする程度しか運動していませんでした。
妊娠中(特に産休中)は時間もできるので、実は体作りのチャンスなんだなと思います。

体重コントロールが簡単
かなり自由に食べたいものを食べても、無駄に太ることはなくなった
ソウルでは、食べるとすぐ体重が増え、全然戻らず…を繰り返して、「空気吸っても太る」フェーズまで達していたのですが、日本帰国後ビクスを始めてから、気にならなくなった。
ちなみに、帰国時(27週)→現在(38週)+3kgです。

また、妊娠高血圧や妊娠糖尿病の予防については、体質もあるので、皆が皆運動していたら大丈夫とは言えないと思いますが、少なくとも私は甘いものやジャンクを頻繁に食べても問題ありませんでした。

天候に関係なく運動量を確保
夏や冬生まれだと、臨月になって「動け~!」と指令が出ても、気候的に辛いです。
梅雨でなかなか出られないと思ったら、今なんてもう酷暑で黒焦げるし…
そんな中、スタジオで快適に汗を流せるのは本当に勝ち組だわ、と毎回思います。笑

というわけで、マタニティビクスのおかげで、よく食べよく動き、とても健康なマタニティライフを過ごすことができました
ヨガやスイミングという選択肢もありますが、それだけでは物足りない、有酸素運動+筋トレだとビクスがいいのかなと思います。

ちなみに、私が通っていたのは、自由が丘にあるハイハットスタジオです。
(無痛分娩で有名な田中ウィメンズクリニックの併設施設ですが、他院出産でも入会可能です。)

偶然美容院で、このスタジオで踊りまくってたら安産だった!という情報を教えてもらい、家からも通いやすいので行ってみたら沼にはまりました。笑

スタジオの様子については、また別記事でアップ予定です